上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
小屋の前のテラスでは、宿泊客を送り出したあと、小屋の皆さんが遅い朝食中
不良中年もいっしょに、槍・穂高のパノラマを眺めながら、弁当をいただきます。

s-DSCN9710_20100816230721.jpg

「昨日の雨で、今日は槍・穂高がくっきり見えますよ」
「そりゃあラッキー、ここからの槍・穂高の眺めは、抜群ですね・・」

「双六からですか?、早いですね・・」
「いや、年配の中高年にどんどん差をつけられ、ちょっとシャクでね・・」

そんな話しをしていたら、その中高年単独行者が笠ヶ岳から下りてきた。
「引き返して、笠新道を下られますか?」
「新穂高温泉に車をおいているからね・・」
「私はこれから、笠ヶ岳を越え、6時間かけて中尾高原口へ下ります」
「お気をつけて・・」

s-DSCN9708_20100816230721.jpg

約15分で笠ヶ岳(2898m)に到着
右手に雲のかかった槍ヶ岳を入れて、パチリ!

s-DSCN9715.jpg

さて、地図に6時間40分とある、長い長い“クリヤの頭”コースを下ります。
笠ヶ岳の頂上は、岩、岩、岩・・・下りのルートを見つけるのに、ちょっと苦労した。

少し下ると、右にカーブするように、ガレた急斜面の道が続きます。
滑落・・・ということのないように、慎重に下ります。

s-DSCN9722_20100816230721.jpg

途中、線香花火がいっぱい集まったような、赤い花・・・シモツケソウです。

s-DSCN9729_20100816230721.jpg


スポンサーサイト
2010.08.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2818-6a9ecccf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。