最初の田園都市と言われるレッチワースの道路です。
100年前の住宅地だから、最初は当然、車のことは考えていない。
その後、車の普及とともに、前庭に駐車場をつくったようだ。
それでも、駐車スペースがたりないのか、道路に車を止めている。

s-DSCN0161_20100926233123.jpg

止まった車の近くに、このような標識があった。
どうやら、許可証を持った人に限って、部分的に駐車が認められているようだ。

下の午前8時~午後8時は、果たしてなにを意味しているのか・・
この時間帯だけ駐車可能だったら、夜は車をどこに置くの?と、考えてしまう。
どうやら、矢印に意味があるようで、この時間帯は一方通行・・の意味なのかしらん?

s-DSCN0166.jpg

こちらは、グリッドシステムに基づき、車を前提につくられたミルトン・キーンズ
車は猛スピードで走り、around aboutと呼ばれるサークル状の交差点で方向転換する。
サークルに先に入って回転している車と、サークルに入る車が衝突しないか??
そんな心配をしてしまうが、事故は少なく、しかも車がスムーズに流れるそうだ。
信号をつけると、反対方向は車がいないのに青信号、こちらは赤信号で車がストップ・・
そんな無駄をなくすためだと説明された。
さすが合理主義の国だと思ったけど、どこかアメリカナイズされているような気がした。

s-DSCN0768.jpg
スポンサーサイト
2010.10.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2842-7b2283b5