上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週末、丹波の職場で蕎麦打ち教室が開かれた。
テーマがテーマだけに、関心が高く、なんと・・・50名近くの参加!
講師は、丹波の蕎麦店の店主、蕎麦打ち名人など、豪華です。

4段の蕎麦打ち名人の実演のあと、各テーブルで蕎麦を打ちます。
二八蕎麦に水を加え、かき混ぜ、ほどよい固さで練り、空気を抜いて丸めます。
この過程が一番難しいとか・・・

s-DSCN2407.jpg

手のひらで円盤状に広げ、そのあと麺棒で広げていきます。
そのあと、麺棒に巻き付けて転がすと、菱形に・・・
90度角度を変えながら続けると、ほぼ正方形になるから不思議だ。

s-DSCN2409.jpg

板状の麺を半分、半分、半分にたたんだら、
板に当てて包丁で切り、包丁をやや左に傾けて板をずらし、切る。
この包丁の傾き加減で、麺の太さ(細さ)が決まる。

不良中年は、気が大きいのか、大ざっぱなのか、どうしても太くなってしまう(笑)。
左上のパックが、不良中年の作品です。

s-DSCN2411.jpg

30分強で蕎麦打ちの完了・・・
名人が打った蕎麦をつかった“かもなんばん蕎麦”と“おろし大根蕎麦”をいただきます。
うーん、うまい! 3人前もいただいてしまった(笑)。

s-DSCN2412.jpg

一度蕎麦を打ってみたい・・という念願が果たせた。
さて、このあと不良中年は、蕎麦打ちにはまるでしょうか??
お楽しみ、お楽しみ・・・(爆)

スポンサーサイト
2010.11.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2874-fe531d44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。