日曜日、山の相棒と比良山系・御殿山(1097m、大津市北部)に遊んだ。

今年の冬は、平成の大雪(2006年)以来の積雪を記録している。
久しぶりに時間がとれた相棒の誘いにOK!と答えたものの、日本海側は大雪警報だ。

「猛吹雪の中、ラッセルを強いられるんじゃないかなー・・」
「雪は多いかもしれんが、午前中は晴れやぞ・・」
「じゃあ、行こうか・・」

朝5時過ぎ千里出発、7時過ぎに西の登山口・坊村に到着、身支度ののち7時半に出発。
気温はマイナス3度・・寒いので、アウターの上に雨具を着た。
天台回峰行の道場・明王院、地主神社、坊村の家々も、すっぽりと雪をかぶっている。

s-DSCN2868.jpg

最初は針葉樹林帯、しばらく登るとモミの木が混じる雑木林になる。
麓の積雪は60cm程度、ワカンが必要かなと思ったが、トレースはついている。
しばらく冬靴のまま登ったが、すぐにアイゼンをつけた。

s-DSCN2873.jpg

1時間以上登ったところは、風の通り道・・・小さな雪庇ができていた。
気温はマイナス8.3度・・・カメラのシャッターを押すたびに、寒さが堪える。

s-DSCN2879.jpg

しばらく登ると、霧氷が見られるようになった。
ただし、寒すぎるためか、わずかに氷着しているだけだ。
このあたりの積雪は2mぐらいあるか。

s-DSCN2881.jpg

11時、御殿山に到着。当初目標の武奈ヶ岳は、真っ白な雪の中・・・
途中抜かれた2~3のパーティがめざしているようだが、きっと半ラッセルだろう。
天気予報どおり、雪も降ってきた。
「どうする?」
「今年最初の山やし、今日は足ならしにして、下りる?」
「そうしようか・・・」
そう決めると、もと来た道をどんどん下っていった。
途中出会った3~4のパーティは、きっと
「もうこんな時間に下山? 俊足だな・・」と思ったに違いない(笑)。

s-DSCN2883.jpg

登山口まで下りると、明王谷のせせらぎは、陽を浴びて春の訪れを告げているようだった。
名神をひた走り、桂川SAであったかいうどんをいただき、2時半には千里に到着!

今年は、また、相棒と一緒にいろんな山に登りたいな・・、登れるかな?、いや登るぞ!(笑)

s-DSCN2892.jpg
スポンサーサイト
2011.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2901-9aa7e489