「霜をかぶった水菜は、柔らかくておいしいですよ」
名神・桂川SAでのおばさんに言われ、久我山産の水菜をゲット!
家に帰り、「久しぶりに水菜の煮浸しをつくろう・・・」と取りかかった。

水菜+油揚げなどのシンプルなつくりが一般的だろうが、
我が家では、豚肉、ニンジン、シイタケ、ネギ・・いろいろ入れる。

だしに醤油、酒、みりん、砂糖少々で味をつけ、豚肉、ニンジン・・
最後に水菜の茎、葉の順に入れ、しなっとしたら、新鮮なうちに引き上げる。 

はい、和風八宝菜風の水菜の煮浸しのできあがり!
うーん、とっても美味しゅうございます(2月の岸朝子)。

s-DSCN2952.jpg

ついでに、菜の花のおひたし
カラシをきかせて・・・うーん、こちらも美味しゅうございます(くどい岸朝子)。

s-DSCN2895.jpg
スポンサーサイト
2011.02.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2903-3ad8ba49