日曜日、3週間ぶりに比良山系・武奈ケ岳(1097m)に遊んだ。

「今日はどうする?」
「大峰山系の大普賢岳?、それともいっそ氷ノ山?」
「大普賢岳は雪が深くて無理かな?、氷ノ山は3月にとっておくとして・・」
「じゃあ、比良にしよう」

朝7時半、大津市坊村の明王院の横を登っていきます。
今年は雪が多いが、数日前の雨と暖かさで、かなり溶けている。
気温は2度・・3週間前のマイナス3度と大違いだ。

s-DSCN3139.jpg

溶けた雪が凍っているので、すぐにアイゼンを付けた。
アイゼンを効かせながら、快調に登っていきます。

途中、汗をかいて、ふたりともアウターを脱いだ。
御殿山の手前、急斜面のブナ林がきれいだナー・・・

s-DSCN3145.jpg

いたるところに、大きな雪庇(せっぴ)ができている。

s-DSCN3149.jpg

2時間半で御殿山到着・・
今日の武奈ケ岳は、青空の中にくっきりとそびえている。
西南稜の白い雪面とブナ林のコントラストがきれいだナー・・・

今日は、なんとしても武奈ケ岳のピークを踏まなくっちゃ!

s-DSCN3155.jpg

だだっ広い斜面をゆっくり登っていきます。

s-DSCN3173.jpg

10時半、御殿山から40分で武奈ケ岳に到着!

「おーっ、加賀の白山が見えるよ・・」
その右手に白いのは、近江と越前の国境の山・・・金糞岳(かなくそだけ)
琵琶湖には、竹生島も見えます。

s-DSCN3181.jpg

眺望を楽しんだら、登って来たルートを下山です。
緩やかにうねりながら、伏せているような西南稜・・比良の中で一番美しい景色だな。

s-DSCN3193.jpg

昼食は、日だまりの中で、いつものように、おにぎり3つ・・今日は断熱容器に入れてきた。
食べ終わると、一気に坊村まで下り、湖西から名神を通って、3時には千里へ

年を明けてから、2週間に1回のペースで山に入っている。
この分だと、今年は、いろんな山に行けるかな? へへへ

s-DSCN3200.jpg
スポンサーサイト
2011.02.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2918-7380c471