黒岳から下山し、国道137を引き返し、国道411へ入り、塩山の街を通過し、
山間から県道201に入り、登山口の上日川峠へ

しばらく緩やかな道を進み、福ちゃん荘から唐松尾根を登っていきます。
名前のとおり、まだ芽を吹いていない唐松林の中を歩いていきます。

このあたりでは、ちょっとした日帰りコースとして有名なんでしょう。
登山というより、ハイキング姿の人たちが目立ちました。

s-DSCN3717.jpg

笹原が拡がる斜面を登りきり、雷岩から左にルートをとり、
しばらく進むと、約2時間で大菩薩嶺(2057m)に到着です。
視界の開けない、だらりとしたピークですね。

s-DSCN3720.jpg

すぐに引き返し、雷岩から尾根沿いに大菩薩峠をめざします。
途中、お昼をいただきながら、大菩薩湖を眺めます。
ははは、なんでも大菩薩・・・(笑)

s-DSCN3724.jpg

笹原の尾根を賽の河原へと進みます。
ガスが出てきて、ちょっと迫力のある風景です。

s-DSCN3726.jpg

大菩薩峠に到着・・
介山荘と名付けられた小屋があった。
そうか、中里介山「大菩薩峠」か・・・

s-DSCN3730.jpg

約4時間?で登山口へ下り、身支度の後、大菩薩の湯で汗を流した。
その後、塩山の街へ下り、「七福」でお目当てのほうとうをいただいた。
話しには聞いていたが、数えてみたら13種類もある食材と太めのうどん?を
出汁がしっかりきいた味噌で煮込んだ鍋は、食べ応えがあった。

その後、またまた渋滞する中央道、名神を走り、夜11時に千里へ・・
登山というより、ハイキングな気分で登った黒岳、大菩薩嶺の山旅でした。

s-DSCN3731.jpg


スポンサーサイト
2011.05.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2937-89eef7be