上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「おーい、久しぶりに山行こうか・・」
相棒から電話をもらい、ほぼ4ヶ月ぶりに山に出かけた。
行き先は、不良中年お気に入りの・・大峰山系・稲村ケ岳(1726m)

出発が遅れた上に、雪と凍結で道路の条件が悪く、出発は8時半を回った。
役行者(えんのぎょうじゃ)の母をまつる母公堂(ははこどう)から、杉林の中を登っていきます。
ここから稲村ケ岳へ何回登ったことだろう・・・

s-DSCN5734.jpg

雪は予想以上に少ない。

s-DSCN5735.jpg

2時間以上登ると、さらさらの新雪が30~40cm積もっている。
今年の2月、雪が深くて撤退したあたりです。

s-DSCN5737.jpg

3時間近くで、稲村小屋に到着。
まわりの木々は、霧氷に雪がついて真っ白です。

s-DSCN5741.jpg

そのまま、頂上をめざして進みます。
大日山の下までは、まともに西風を受けて、顔や手が痛い!
積雪は50~60cm、気温は-6.4℃をさしている。

「こんなところで滑落したら、目も当てられんなー・・・」
大日山東のトラバースを注意して通過します。

s-DSCN5748.jpg

コースタイムに近い4時間弱で頂上到着。
二人の年齢からすれば、こんなもんでしょう。

まわりは吹雪で、何も見えない。

s-DSCN5751.jpg

しばらく戻ったところで、風を避けながら、お昼にした。

s-DSCN5752.jpg

3時半すぎに無事下山。
そのまま洞川(どろかわ)の町を過ぎて、いつもの洞川温泉へ・・

料金を払おうとしたら、「今日は無料ですよ」
この夏の台風12号で寸断していた県道が開通した記念とのこと。
「おめでとうございます!」と、無料で雪見温泉を楽しませてもらった。

s-DSCN5756.jpg

そのあと、古市でコンニャクをいただき、一路千里へ・・

と書きたいところだが、眠い目をこすりながら運転していたら、
間違って第2京阪へ入ってしまった。
そして山崎ジャンクションから名神に入り、約1時間遠回りして千里へ帰ってきた。

「奈良の大峰へ行って、京都まわりで帰ってきた言うたら、大笑いやなー・・・」
「その分、久しぶりにいろいろ話せたやん。夜のドライブ、ドライブ(汗)」

相棒に冷やかされながら、今年の登り納めを無事に終えた不良中年でした(笑)。

スポンサーサイト
2011.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3034-09b222e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。