上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1月3日、郷里の美作・津山へ帰った。
22年ぶりの中学校の同窓会へ出席するために・・

高速バスを降り、今津屋橋をわたる時の風が冷たかった。
みぞれのような雪も降ってきた。

山に覆われ、夏は暑く、冬は寒い。
人は情に厚く、そして忍耐強い。
やっぱり、丹波に似ている・・・改めて思った。

s-DSCN5793.jpg

時間があるので、会場のホテルまで、
出雲街道沿いの「城東町並み保存地区」を見て歩いた。

全国的には意外に知られていないが、
良くここまで保存できたと感心する。

s-DSCN5800.jpg

同窓会では、22年ぶりとあって、顔、頭、体型など
すっかり変わって分からないものもいれば、
小学校当時からそのまま年齢をとったものもいた。

しかし、はっきり分かったことがある。
作州美人と言うけど、たしかに美人が多い(笑)。

Photo:作州城東屋敷(「寅さんロケ地」の標識がある)
s-DSCN5803.jpg

そして、今はない中学校でのできごと、先生たちのこと・・・
いろいろ話した。

Photo:保存地区の核心部
s-DSCN5809.jpg

夕方からは、少人数で2次会会場へ移動し、
10時頃まで話し、そして歌った。
話したらず、ホテルに帰ってからも、深夜まで・・・

Photo:洋学資料館
s-DSCN5811.jpg

翌朝、不良中年は、高速バスに乗って、大阪・千里へ帰った。
途中、頂上付近を白く染めた那岐山が見えた。
時代は変わり、私は少し老いたけど、山は変わらない。

明日から、千里と丹波を往復する日々がまた始まる。
千里にも、丹波にも、私が愛し、尊敬する人たちがいる。
その人たちと、また頑張ろう・・そう思った。

s-DSCN5848.jpg


スポンサーサイト
2012.01.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3039-e5ff98ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。