丹波では、この時期、厄除(やくよけ)祭りが行われる。
厄年の人が厄を払うためにお参り・・だそうですが、
寒い冬に行われる行事として、昔から賑わってきたようです。

ここ丹波市柏原町の八幡神社は、厄神さんの名前で知られている。
昔に比べると、参拝客が少なくなったようですが、
それでもご覧のとおり、人、人、人・・・
金曜日だったせいか、小中高校生が繰り出していました。

s-DSCN6132.jpg

鳥居をくぐると、すぐのところで行列・・・・
重要文化財の本殿までは30分かかるとのことなので、あっさりあきらめました(笑)。

s-DSCN6135.jpg

山名酒造は、福知山に近い丹波市市島町で、手間ひまかけて美酒を造っている。
その山名さんの店が毎年出ているので、寄りました。

小さい生酒を2本いただきました。
1本は三田の義兄と一緒に、もう1本は千里の友人に土産・・

山名さんと若い杜氏さん
丹波を代表する洋菓子の柳川さんといっしょに・・・パチリ!

s-DSCN6134.jpg

うーん、お腹がすいている・・・
観光案内所が出している「霧芋(山の芋)」の店に入り、
霧芋そば、霧芋どんぶりをどちらもいただきました(笑)。

はい、とっても美味しゅうございました(冬の岸朝子)。

s-DSCN6137.jpg
スポンサーサイト
2012.02.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3051-5da4c9df