上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1週間前、ちょうど丹波だけでなく、日本中に大雪が降った日
篠山市雲部地区のみなさんと淡路島に見学に行きました。
貸し切りバスは満員・・・

この日訪れたのは、淡路市の旧北淡町の長澤地区
3年前、最後の児童数が6人だったという廃校の後に
アートをテーマに創作活動やカフェ(土・日)の運営を行っているノマド村

s-DSCN6147.jpg

まわりはこんな感じです。

s-DSCN6168.jpg

小学校の全景です。

s-DSCN6167.jpg

小学校の建物部分を地元のNPOが借り受け、それをかつてスイスで同じような
活動を行っていたMさんとドイツ人のご主人が借り受け、運営しています。

カフェは元教員室、キッチンは元校長室だそうです。

s-DSCN6154.jpg

Mさん曰く
東京出身だが、都会に未来を感じることができなくて、
自然が豊かで、伝統的なコミュニティや行事が残っており、
小さな小学校が使えるのが気に入って、2年前にやってきた。

「なんで、こんな不便ところに来たん?」と不思議がられたが、
女性雑誌などで紹介され、週末にベンツやBMWにのったカップルが
やってくるので、地域の良さを見直してもらえるようになった。
これから、地域の人々や大学と、いろいろなことをやっていこうと思っている。

s-DSCN6165.jpg

半年間、一緒に計画づくりを行ってきた雲部地区では、
廃校を新しいふるさとづくり、地域の活性化にどう活かすかが課題・・・

見学を終えて、地域のみなさんはそれぞれにヒントを掴んだようです。
そして、「”姉妹廃校”として交流していきましょう」

最後はこれ・・瀬戸内海の珍味を味わいました。

小雪が舞う中、淡路島をあとにし、
不良中年は須磨で下車し、JRで千里へと帰りました。

s-DSCN6172.jpg
スポンサーサイト
2012.02.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3052-e3afcafc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。