上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
山の相棒が土産を持ってきてくれた。

水ようかん、ぜんざい、ゆずのジュレ、トマト味・・
すべて寒天でできている。

相棒曰く
海草(てんぐさ)を使った寒天づくりは、江戸時代、大阪府高槻市の山間部で確立された。
気候(寒い)、燃料(薪)、水運(淀川)の3条件が揃っていたから。

全国一の生産を誇っていたが、今では亀岡に近い田能地区に一軒残っている。
その寒天を使ったカフェが近くにできて、最近ひいきにしている。
おまえに食べさせてやろうと、テイクアウトを持ってきた。
どや・・

帰ってから早速いただいた。
甘すぎず、寒天特有の固さもなく、自然な味・・・
相棒の“講釈”以上に・・・美味しい!(笑)

s-DSCN7757.jpg
スポンサーサイト
2012.09.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3112-f4182bce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。