2013年1月2日、相棒と一緒に比良山系・武奈ケ岳(滋賀県 1214m)に遊んだ。

暮れの31日に稲村ケ岳に登ったから、3日のうち2日が山・・
こつぁー春から縁起がいい!(笑)

登山口の坊村から少し登ったところで雪が現れた。
木々の株の回りはすっかり溶けて、まるで春山だ。

s-DSCN9010.jpg

2時間強で御殿山に到着
武奈ケ岳に続く稜線は、ところどころ地肌が見えている。
それでも、緩やかにしなりながら伸びる西南陵は、いつ見ても絵になっている。

s-DSCN9014.jpg

1時間弱で武奈ケ岳到着

s-DSCN9018_20130105204047.jpg

風を避けて南斜面に腰を下ろし、昼食です。
おにぎり3つ、吉野の古市で買った胡麻豆腐、たくわん・・へへへ、ご馳走(笑)

s-DSCN9020_20130105204042.jpg

そのまま一気に坊村へ下山
登山口にある葛川明王院を覗いてみた。
長年行われていた修理は、2年前に終わったようだ。

葛川明王院は、平安時代に相応和尚が開いた天台回峯行の重要な道場だ。
本堂、庫裏・護摩堂、宝物蔵などの建物、仏像の多くが重要文化財に指定されている。
いつも何気なく通過しているが、ちょっと調べてみよう。

s-DSCN9021_20130105204718.jpg

京都東ICは、東京方面へ向かうUターン客のために大混雑だったが、
日の高いうちに大阪に到着!

さて、今年はどれだけ山に登れるのだろう!
精密検査中の不良中年の身体がGOODであることが条件だが・・

スポンサーサイト
2013.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3134-60d2b743