上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ロンドンの7日目は、最終日
ニュータウン派の僕たちは、千里ニュータウンのモデルになったと言われるハーローニュータウンへ出かけた。

僕にとっては、3年前に次ぐ2度目の訪問・・・
地区センターも、何となく千里の再開発前のショッピングセンターに似ている。

s-DSCN7657.jpg

区役所の受付
前も思ったが、とっても開放的・・・2階は資料館・展示スペースになっている。

s-DSCN7664.jpg

ウロウロしていたら、カッコイイ三輪車に乗った中年男性に話しかけられた。
日本から来たこと、ハーローは千里のモデルになったことなどを話した。
もう少し英会話ができるようになりたい・・・は、この年になっても思うこと。

s-DSCN7666.jpg

その後、ニュータウンの住宅地を2~3時間歩いた。
これは、珍しい高層住宅と一体になった低層の住宅・・・ていねいにつくられ管理されている。

s-DSCN7704.jpg

その後、せっかくだからと、ロンドンへ帰ってから鉄道を乗り換え、
もう一つの有名な田園都市・ウェルインへ出かけた。

ハワードの『明日の田園都市』の思想に基づいてつくられた住宅地。
ハワード自身もこの街に住んでいた。

約100年前からほぼ変わらない、駅に近い通りに面した住宅群です。

s-DSCN7747.jpg

住宅地の中を歩くと、馬小屋?をコンバージョンしたシアターが出てきた。
こちらも3年前に見ているが、古いものを活かすのは英国人は得意だ。

s-DSCN7762.jpg

花のある住宅

s-DSCN7776.jpg

3年前にパスした、駅の南の地区を訪れた。
大半が第二次大戦後のニュータウンとして整備された中で、
駅に近いところは工業地区、住宅地として、第一次世界大戦後につくられている。

レンガを積んで丁寧につくられ、管理されている工場は、歴史がつくったと言える美しさがあった。

s-DSCN7803_201312182132249ef.jpg

そのあと、ロンドンに帰り、キングスクロス駅近くの再開発地区へ
ここは、かつて、麻薬、レイプなどで知られる、普通の人は近寄れないところだったそうだ。
いまではこんなに美しい、若者でにぎわう街になっている。

s-DSCN7821.jpg

ロンドン最後の夜を記念して、無国籍料理の店に入り、カンパーイ!

s-IMG_0530.jpg

翌日は、パリ・ドゴール空港を経由して、暑い日本への空の旅人になりました。
スポンサーサイト
2013.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3202-9e98544f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。