上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3日目は、ヒサゴ沼からトムラウシ山に登頂し、トムラウシ温泉の東大雪荘に下る長いコース。
夕方4時のバスに間に合うように、朝4時に避難小屋を出発。

ヒサゴ沼沿いの斜面の雪渓は、最初は靴で通過しようとしたが、
ところどころ凍っているので、滑って沼に落ちないように、途中でアイゼンをつけた。

s-DSCN9926_20140806020546b46.jpg

縦走コースに合流してからは、平坦なお花畑コース。
日本庭園と呼ばれるあたりは、文字どおり絵になる風景ばかりです。

s-DSCN9934.jpg

天沼でしょうか? もうアートと言うしかありません。

s-s-IMG_2087.jpg

しばらく進んだところから、大きな岩が積み重なった急斜面を登っていきます。
通過すると、いきなり平坦な大地が広がります。
その向こうに、めざすトムラウシ山・・・画伯は、ここでもスケッチ

s-DSCN9939_20140806020549c26.jpg

トムラウシ山と、その麓にある北沼

s-DSCN9940_20140806020550363.jpg

トムラウシ山への最後の急坂から振り返ってみた、北沼と遠くに旭岳方面

s-DSCN9950.jpg

8時、トムラウシ山(2141m)登頂
9年ぶりの再会に、なんだか嬉しそう・・・

s-DSCN9955_20140806020614993.jpg

記念撮影ののちに下山です。
急坂を下ったところから、岩と池塘、お花畑の美しい風景が広がります。
トムラウシ公園・・・いつまでもいたい気分です。

s-DSCN9974.jpg

このあたりは、エゾコザクラの大群落です。

s-DSCN9971.jpg

前トムラウシ山に近い台地状の前トム平を少し下ると、コマドリ沢の雪渓。
ここはアイゼン不要で、スキーのような滑りを楽しみながら下りました。

s-DSCN9981.jpg

11時、コマドリ沢分岐で早めの昼食・・・
そのあとは、約3時間半の長ーい林間コースです。

3時前、トムラウシ温泉に到着。
バスの出発までに1時間以上あるので、遅れていたK、Oさんの到着を願いながら、
早めに温泉で汗を流した。

そのあと、約1時間半バスに乗って新得駅へ
体調を崩して2日目に引き返していた相棒の車に乗って、
次の山・暑寒別岳に登るべく、日本海に面した増毛へ向けて約250kmを走った。

s-DSCN9992_201408060206188b4.jpg


スポンサーサイト
2014.08.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3236-7b1fe1f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。