八月の中旬、上信越の2つの山に遊んだ。
快晴に恵まれた北海道の山旅から帰って、曇りや雨のぐずついた天気が続いた。
天気予報は、雨マークだったが、雨が降ることは覚悟の上での山行です。

まずは、群馬・長野・新潟3県の県境に位置する白砂山(2140m)

8月15日の午後、山の相棒、Oさんと私の3人で大阪を出発。
名神道、中央道、長野道、上信越道、関越道へと入り、渋川伊香保ICで下り、一般道を西進。
中之条町の六合(くに)の道の駅を越えて、どんつきの野反湖(のぞりこ)へ夕方明るいうちに到着。
※上田菅平ICで下り、嬬恋村、長野原町を経由した方が約2時間早いけど、
  山の中のくねくね道を避けたいとの判断からでしたが、やはりくねくね道でした。

野反湖のサービスセンター近くで宿泊し、翌16日の5時半に登山口出発。

s-DSCN0228.jpg

いったん登ったのちにハンノキ沢へ下り、また登っていきます。
皇太子さまが登った山のようで、そのためか登山道、標識が良く整備されています。

s-DSCN0229.jpg

地蔵峠に到着? 
左に行けば「切明・和山」・・・秋山郷で知られる長野県栄村のようです。
ここにある苗場山、佐武流山(さぶりゅうやま)、鳥甲山(とりかぶとやま)は、この秋に登る予定です。

s-DSCN0233.jpg

地蔵峠からは、尾根を登っていきます。
途中、シラビソ尾根の標識がありました。
たしかに、ダケカンバ、クマザサなどとともに、シラビソ、モミ、コメツガなどの針葉樹が多い。

s-DSCN0235.jpg

3回ほど小さなアップダウンを繰り返したのちに、2時間半でピークらしくない堂岩山に到着。

s-DSCN0242.jpg

下って、八間山との分岐を過ぎた頃から、雨が降り出した。
晴れていれば、眺望が素晴らしい、ルンルンの尾根道のようだが・・

s-DSCN0245.jpg

猟師の頭を越えたあたりから高山性の花が出てきた。
ミヤマホツツジ?

s-DSCN0249.jpg

ミヤマアキノキリンソウ?

s-DSCN0255.jpg

ハクサンフウロ

s-DSCN0257.jpg

タテヤマウツボグサ?

s-DSCN0265.jpg

○○リンドウ?

s-DSCN0270.jpg

雨の中、ひたすら登っていきます。

s-DSCN0260.jpg

9時半、4時間かかって白砂山に到着。

s-DSCN0261.jpg

頂上にこんな看板が・・・
北の佐武流山方面へむけて、かつてあった道がなくなっているようだ。

s-DSCN0263.jpg

このあと、時折激しくなる雨の中、来た道を歩き、靴の中までずぶ濡れになって、午後1時に下山。

沼田に向けて車を走らせ、沼田の名物という河岸段丘を眺めながら、

s-IMG_2222.jpg

これまた名物というトンカツをいただいたのちに、次の皇海山に向かいました。

s-IMG_2224.jpg
スポンサーサイト
2014.08.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3242-c726d793