上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8/13、清里町立の山小屋「清岳荘」で目を覚ました。
前夜7時半頃小屋に到着、車中泊のつもりだったけど、素泊まり2080円に惹かれて投宿。
清潔感ただよう小屋・・・
携帯トイレ、ストックのプロテクター使用などを呼びかけていたのも印象的だった。

朝5時、清岳荘出発・・

s-IMG_5570.jpg

しばらく林間を歩くと、沢が出てくる。
斜里岳登山は、どちらかというと沢登り登山というべきか・・・

s-IMG_5584.jpg

何回も徒渉し、滝を巻き、岩場を登っていく。
先を行くこの中年男性・・・かなり苦労していた。
ハッキリ言って、初級の岩登りや沢登りを経験してないと厳しい。

s-IMG_5592.jpg

途中から、高山植物が出てきた。
ダイモンジソウ?

s-IMG_5588.jpg

トリカブト

s-IMG_5593.jpg

斜里岳へ続く稜線が見えてきた。

s-IMG_5599.jpg

胸突き八丁・・・たしかに、フーフー

s-IMG_5600.jpg

ミヤマオダマキ?

s-IMG_5606.jpg

馬の背と名づけられた稜線で小休止
そこから約30分、8時過ぎに斜里岳に到着
急にガスがかかって、あたり一面・・五里霧中(笑)

ガスも出てきたし、遠くで雷も鳴り出したので、急いで下山
上二股からは、沢の旧道コースではなく、尾根沿いの新道コースを選んだ。
旧道の沢を下るのは、ベテランであってもかなり厳しい。

熊見峠まではどんどん登っていき、強くなった雨で濡れた身体と疲れた足には堪えた。
峠と思ってついたところは、眺望の良いピークだった。
日本語間違ってない???
熊がよく見えたのかもしれないが、できればお会いしたくない。

s-IMG_5616.jpg

11時半、ほぼコースタイムどおりの6時間強で清岳荘に無事下山。
愛車ハスラーのまわりに駐車している車の数が朝よりも増えている。
やはり、60歳でリタイアーしてから山を始めた人も来る”猫も杓子も・・・”の百名山だ。

s-IMG_5619.jpg

斜里岳の麓の清里町・・・
街並みがきれい、町営じゃがいも焼酎醸造所、町営牧場、町営の道の駅、ホテルがある。
どんな町かしらん?と役場に寄ってパンフレットをいただいた。
どうしても仕事の癖が出てしまう(笑)
「世界遺産に続く里・・知床と摩周湖をつなぎます」・・・お隣さんのいいところを活かしたいいキャッチだ。

s-IMG_5624.jpg

「全国花のまちづくりNO.1のまち」に輝いた清里町中心部はこんな感じです。

s-IMG_5629.jpg

遅くなってはいけないと、次の羅臼岳をめざして知床へ車を走らせた。
斜里町の市街地にある「世界遺産センター」

s-IMG_5635.jpg

文字どおり世界遺産を紹介する環境省の施設だけど、展示が大雑把で内容に欠けるのでは・・

s-IMG_5636.jpg

次に行った「知床自然センター」

s-IMG_5639.jpg

施設のねらいが違うのだが、こちらは子どもにも分かりやすく、親しみやすいように感じた。
ここで北見のハッカを使った菓子を土産にゲット!

s-IMG_5640.jpg

その裏にある「100平方メートル運動ハウス」

s-IMG_5645.jpg

開拓跡地が乱開発されないように、藤谷町長が全国に訴えて始まった100平方メートルの買取運動は、日本のトラスト運動の草分けとして知られる。

s-IMG_5649.jpg

そのあと、羅臼岳の登山口、イワウベツ川沿いの岩尾別温泉に向かった。
ホテル「地の涯(ちのはて)」で温泉(900円)に入った後、登山口の下見に行ったら、
話に聞いていた「木下小屋」があり、宿泊可能だという。
それで、ここに泊めてもらうことにした。(素泊まり2000円)

s-IMG_5654.jpg

小屋のオーナーと管理を手伝っている友人さん
酒を飲みながら、知床について次のような話をしてくださった。

開拓放棄地が観光目的の企業に買われていたら、今頃大変なことになっていただろうな。
俺も100平方メートル一口寄付したけど。
世界遺産にある素朴で安いのがいいのか、欧米人がよく小屋に泊まりに来るけど、
ゴミや濡れた服を部屋に散らかして帰るなどマナーが悪いのもいるよ。
熊はもともとやさしい生き物のようだよ。知床は稀に見る熊と人との共生地だけど、
接近しすぎるカメラマン、餌をやる観光客などで壊れかけてるね。

s-IMG_5655.jpg

小屋は涼しかったけど、蚊とイビキで、日付が変わっても寝付かれなかった。
明日の羅臼岳は、今回の山旅一番の難関になるはず・・・大丈夫だろうか?

スポンサーサイト
2015.08.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3281-c45e99ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。