上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本三百名山まで13座に迫った相棒と四人で、荒沢岳、守門岳に続いて谷川連峰馬蹄形縦走をめざした。
谷川岳〜茂倉岳の尾根沿いは紅葉の真っ盛り。
午後から天候が急変。吹き飛ばされそうな風の中、蓬ヒュッテにたどり着いた。
翌日は本命の谷川朝日岳をめざすはずだったのだが。。

風速20m以上あると思われる強風の夜を蓬ヒュッテで越したが、朝になっても風はやまない。
それで、谷川朝日岳~白毛門岳縦走を断念し土合に下った。
樹林帯に入ると風はやみ、ブナ林の中を下り、湯樋曾側沿いを歩いて土合に到着。
相棒は谷川岳に来ること3回目でも谷川朝日岳に登ることができない。
谷川連峰はやはり上信越を代表する山塊のようだ。

ロープウェイで天神平へ
s-IMG_6220.jpg

急な登りが続く
s-IMG_6222.jpg

谷川岳の肩の小屋に到着  この辺りですでに強い風
s-IMG_6224.jpg

トマの耳からオキの耳方面
s-IMG_6227.jpg

ツツジの紅葉の真っ盛り
s-IMG_6233.jpg

仙ノ倉山方面
s-IMG_6234.jpg

一ノ倉岳手前からオキの耳方面を振り返る
s-IMG_6243.jpg

茂倉岳から武能岳方面  この辺りから風がさらに強くなってきた
s-IMG_6247.jpg

茂倉岳方面を振り返る
s-IMG_6248.jpg

強風でまっすぐにあるけない  笹原の向こうに蓬ヒュッテが見えてきてホッ
s-IMG_6254.jpg

この日の宿、蓬ヒュッテ
s-IMG_6256.jpg

夕食はレトルトのカレー・・・美味しくいただきます
s-IMG_6257.jpg

翌日、雨と風の中を下山  湯樋曾川が出てきた
s-IMG_6261.jpg

上越線が敷設される前は、重要な役割を果たした国道だった
s-IMG_6264.jpg

ブナ林が続く 熊に注意の標識があちこちに・・
s-IMG_6265.jpg

野生のブドウ・・食べたら甘酸っぱかった。
s-IMG_6268.jpg
スポンサーサイト
2015.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3290-fdad8866

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。