年の瀬にニュータウンの旅をした。
ニュータウン?と不思議かも知れないが、発見と出会いのある、充実した旅になった。
ニュータウンを批判する人も多いが、年月を経て緑が成長し、街は落ち着きを増し、
人々が暮らしを楽しむ”大人の街”へと変身している。
そんな印象を記したい。

まずは、港北ニュータウン(横浜市)から・・。
センター南駅で下車。港北ニュータウンを特徴づける、緑と歩行者道のネットワークその起点となる広場に出た。
センターの規模がとてつもなく大きく、都会的だ。
歩行者道も驚くぐらいに広く、立派!(写真)。

メタセコイアの並木は、ニュータウンに良く合う。
歩行者道、建物ともに、しっかりつくられている。
来年、まちびらき15周年を迎えるそうだが、良くも悪くも、バブル期に開発されたニュータウンと分かる。
(左:都筑区総合庁舎、右:都筑郵便局) 
しばらく進んだところにある、港北ニュータウンまちづくり館は、年末で休館だった。

s-FI2623202_3E.jpg
スポンサーサイト
2008.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/34-5fadd77b