FC2ブログ
トムラウシ山の南の短縮登山道は霧の中・・・。
霧は晴天の前兆・・・というけど、果たしてどうでしょう。

登山の前にトイレへ。ソーラーパネル、暖かい便座、
オガクズ(の中に多分微生物)を用いた回転式・・。
実験中のとても立派なバイオトイレです。

5時、短縮登山道出発。

s-FI1596113_0E_20100206145111.jpg

シラカバの林を登ると、元の登山道と合流し、進むとカムイ天上。

深田久弥は、旭岳方面から眺めた”遥かなるトムラウシ”に
いつか登りたいと願い、数年後に念願を果たしたそうです。

今は、短縮登山道のおかげで、日帰り登山も可能。
だから「百名山」めあての登山者の多くは、この道を用いる。

そのためか、道はえぐられ、雪解け水でドロドロ・・・。
オーバーユースの対策が急がれます。

s-FI1596113_1E.jpg

カムイ天上からは、数年前にできた尾根沿いの道を進み、
雪渓の残るこまどり沢へ下降。

そのまま、沢を登ります。
雪渓が延々続きますが、勾配が緩く・・・、
今日は問題ありません。

s-FI1596113_2E.jpg

前トムラウシの西の平坦地(前トム平)には、
珍しくコマクサが2~3株咲いていました。

岩がごろごろ重なった小山を超えると、
岩とハエマツ、その間にお花畑が広がるトムラウシ公園。

自然、いや神がつくりだしたランドスケープです。
霧はまだ晴れてくれません。

s-FI1596113_3E.jpg

トムラウシ山への登りです。

青空が顔を出すようになりました。
晴天を期待しましょう。

道沿いに、チングルマ、キバナシャクナゲ、ミネズオウ、
エゾノコザクラなどのお花畑が広がります。

s-FI1596113_4E.jpg

AUTHOR: kenzou DATE: 07/14/2005 20:56:33 このトイレは、最初に、山小屋かと思いました。
立派なトイレですね。お金はいるのかな。
白樺、青空、緑、山、自然がいっぱいで、うらやましいです。
スポンサーサイト



2005.07.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/364-edf5d7e6