FC2ブログ
千里ニュータウンの見学を終えて、ぶらぶら街を歩いていたら、大○プラザで絨毯のようなものを販売している外人さんに出会いました。

「キリムはご存じですか?」と、流暢な日本語で話しかけてきたトルコ出身のガイジンさんと話しているうちに、絨毯に見えたのは、草木染めのウールでできたトルコの伝統的な織物「キリム」であること、キリムは日本の織物のように糸は端から端まで通さずに、模様の端で折り返していること、修理をしながら何十年も大事に使われ、中には数十年や百年以上も前のものもあることなどが分かってきました。

s-FI2131100_0E.jpg

僕は、焼き物や漆器もそうですが、染めや織物にも興味があり、タイのシルク、インドネシアのバティックやイカットなど、手頃で気に入ったものがあれば、旅先で時々買ってきました。

不思議な色合いと模様のキリムに惹かれる同時に、自国の伝統文化に自信をもって丁寧に説明するガイジンさん(○ール○ールさん)にも一期一会のような気持ちが生まれて、記念にひとついただくことにしました。
1畳や2畳もあるものはとても高価で、清水の舞台から何回飛び降りても買えそうにないので、数十年も使われたキリムを切取ってつくったクッションカバーをいただきました。ソファーでジム・トンプソンと一緒に並んでいます。

s-FI2131100_1E.jpg

AUTHOR: ぷりんちゃん DATE: 12/13/2005 09:31:00 興味があるものが近いです。
好きですが詳しい事は何も知りません。
本当にただ好きなだけです。
キリムって全く知りませんでした。
でも自信を持って薦められる物、長く使えるものはいいですよね~
スポンサーサイト



2005.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/644-f30cacef