FC2ブログ
ある方から、不良中年が使っている料理本を教えろと
リクエストをいただいたので、ちょっと紹介を・・・

僕は、7年半前に女房に先立たれたとき、
料理をつくらざるを得ない状況に必然的に立たされた。

料理はもともと好きだったけど、任せっきりだったから、
素材の種類、切り方、出汁の取り方、基本的な料理など、
一から勉強しようと買ったのがこの本だ。

7年たった今も、味つけの分量などを見るのに用いている。
少々汚くなったけど、本当にお世話になりました(笑)




しばらくして買ったのがこの本
最初の本は、基本の理解には良いが、メニューが少ない。
この本は、素材ごとに、色々なメニューが紹介されている。

しかも、全国の”主婦”から集めたレシピが多いから、
美味しい、安い、早いの3拍子が揃っている。
しかし、頻度からいうと、圧倒的に前者をよく用いている。

巷では、栗○さん、奥○さんなどの料理本が読まれているようだ。
店頭でパラパラめくったりして、なるほど・・と感心するけど、
「情報は多すぎない方がよい」を鉄則に、もっぱらこの2冊です。

「男の○○料理」などの本が出まわっていて、私も持っている。
金と時間に任せて、グルメを楽しむ人には良いかもしれないが、
私のように、日々料理づくりに追われる”主夫”には向いていない(爆)。



AUTHOR: michikong DATE: 05/21/2007 14:20:56 毎日いかに『主夫』をされてきたかがよ~くわかる料理本ですね。
本当に使い勝手がいいのは、お持ちのような本でしょうね。

繰り返し口にするものが本当は一番大切で、
見せかけだけのカフェメニューもどきより、食卓には必要なものではないでしょうか。
スポンサーサイト



2007.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/999-14f3d607