FC2ブログ
台湾中南部の旅6日目
中国の流浪の民と言われる客家(はっか)の人々が住む高雄市美濃(みのう)地区へ

バスで約2時間、美濃に到着。
美濃は、伝統的な紙傘で知られ、岐阜県の美濃市とも姉妹提携している。

s-s-IMG_3517.jpg

しばらく歩くと、たばこ畑の向こうに山が見えた。
標高4000m近い玉山(ぎょくざん)に続く山?と思うと、ちょっと興奮・・・

s-s-IMG_3523.jpg

約1時間歩いたところに、中正湖(美濃湖)が出てきた。
こじんまりとした、灌漑用?の美しい湖・・・

s-s-IMG_3533.jpg

伝統的な紙傘の工房

s-s-IMG_3535.jpg

廟の前の広場では、一族、あるいは高齢者グループの宴会が開かれるのか・・・

s-s-IMG_3540.jpg

そのあと、中正湖を半周して、美濃客家文物館へ
中国北部から南下し、台湾に渡ってきた客家の人々の歴史、文化が紹介されています。

s-s-IMG_3562.jpg

客家独特の衣装

s-s-IMG_3565.jpg

敵に備えながら一族で住んだ円形の集合住宅

s-s-IMG_3566.jpg

そのあと、文物館の横にある客家料理のレストランへ
豚、平麺、野蓮などを使った、庶民的というより野性味の強い料理が多い。
ビーフンを使った春巻きが美味しかった。

s-s-IMG_3597.jpg

高雄・美濃の中正湖で会った、ジャンパー姿の83歳のおじいさん。
日本の教育で育った。今でも日本語を覚えているし、カラオケも日本語。
日本人はやさしかった。あの頃が懐かしい。
「中正湖の湖面が穏やかだと、月に照らされた月光山が湖面に映って美しい・・」
漢詩を読んでくれました。
僕たちの知らない、台湾と日本の交流の歴史を教えてくれます。

s-s-IMG_3601.jpg

美濃から帰り、高雄鉄路地下化展示館(旧高雄駅)を見学。
高雄の都心部では、鉄道を道路とともに地下化し、地上は公園化。
旧高雄駅は、台湾の鉄道のシンボルとして残す。
日本では考えられない壮大な計画です。

s-s-IMG_3621.jpg

夕方から、三多商圏駅に隣接する遠東百貨に出かけ、誠品書店を覗いた。
吹き抜け状の二階は、ぐるぐる回りながら本を選べる工夫がされていて、なかなかいい感じ。
日本への土産に一冊購入。

中国語に翻訳された日本の本は、村上春樹、東野圭吾、建築ではTadao Andoなど。
亡くなられた梅棹忠夫先生の本もあった。

s-s-IMG_3623.jpg
2015.01.09 / Top↑
台湾中南部の旅7日目は、アミ族など先住民が多く住む台東へ
朝飯は、サンドイッチと餃子・・・

s-s-IMG_3639.jpg

電車で約2時間・・

s-s-IMG_3648.jpg

台東で最初に訪ねた国立台東史前文化博物館は、考古学、自然学、民族学を兼ねたような博物館。

s-s-IMG_3692.jpg

先住民族の歴史・文化もしっかり紹介されている。

s-s-IMG_3660.jpg

特別展で見た背負いの刺繍が美しかった。

s-s-IMG_3663.jpg

雪山(せつざん)のカールを紹介したパネルのようです。

s-s-IMG_3669.jpg

そのあと、台東の街へ帰り、ぶらぶら・・・
有名な餅屋で餅をいただきました。

s-s-IMG_3711.jpg

そのあと、海岸へ
見えるのは太平洋・・・沖縄見えないかな?

s-s-IMG_3726.jpg

台東名物の果物「釈迦頭」を売るおじさん

s-s-IMG_3728.jpg

旧台東駅近くの施設で開催されていたのは、各地域の「一村一品運動」の発表会。
金城武のテレビCMで一躍有名になった村もあった。

s-s-IMG_3740.jpg

夕刻、電車に乗って高雄へ

s-s-IMG_3756.jpg

夕食はこの日が最後・・・
ゲストハウス「AHIRUYAH」の同宿者と一緒に、オーナーのお薦めの鶏肉料理の店へ
泣いても笑っても、あと1日です。

s-s-IMG_3759.jpg
2015.01.08 / Top↑
台湾中南部の旅8日目・・今日で最後です。
午前中は、高雄港の近くを散策。

s-s-IMG_3771.jpg

倉庫群のオープンスペースを活かした、巨大なアートゾーン(芸術特区)になっている。

s-s-IMG_3777.jpg

3月に訪ねた台北では、酒工場、タバコ工場が同じように利用されていた。
台湾での大規模な工場・倉庫などの跡地活用例として普及しているようだ。

s-s-IMG_3799.jpg

貨物線のあとは、自転車道、歩行者道になっている。

s-s-IMG_3793.jpg

招待作家、日本人の前田哲明の制作現場です。

s-s-IMG_3801.jpg

昼前に訪ねた高雄市立歴史博物館は、日本統治時代の高雄市役所。

s-s-IMG_3812.jpg

展示の内容もさることながら、外観や内部の空間がいい。

s-s-IMG_3810.jpg

高雄国際空港を飛びたってすぐに、高い山々が見えた。
富士山より高い玉山あたりだろうか。

s-s-IMG_3822.jpg

京都の景観グループに同行した8日間の台湾中南部の旅は、楽しく充実したものになった。
機会があれば、また訪ねよう。体力があれば、台湾の山にも登りたい。

2015.01.07 / Top↑
「一度、丹波を案内してくれる?」
友人のT君にそう言われて、今年も春の丹波の小旅行を楽しんだ。

丹波へ行く途中通った、大阪府豊能町吉川地区
地域のみなさんでひな祭りを楽しんでいるようです。

s-IMG_1566.jpg

途中、大阪府能勢町で能勢菊炭を焼いている友人のKさんを訪ねた。
Kさんのインテリア、オブジェとしての作品です。
Kさんが焼いた菊炭は、映画「利休にたずねよ」のラストで使われたそうです。

見学に来た中田英寿と一緒の写真もありました。すごい!

s-IMG_1572.jpg

丹波時代に関わった、旧雲部小学校を活かした里山工房くもべ。

s-IMG_1578.jpg

集落丸山
3軒の民家をそのまま宿泊施設にしています。

s-IMG_1581.jpg

篠山市河原町

s-IMG_1586.jpg

お昼は、黒豆の館の田舎バイキング

s-IMG_1590.jpg

丹波市氷上町清住、カタクリの里

s-IMG_1596.jpg

カタクリの里に近い禅寺・・達身寺

s-IMG_1599.jpg

夕方、千里へ帰ってきた。
T君の感想・・・「会う人、みんないい人」「時間がゆっくり流れている」「まともな生き方してるね」

私が昨年まで4年間通った丹波は、T君の感想そのままに、
ほっこり出来るところ、もしかして考え方、生き方が変わるかもしれないところ。
また友達を連れて丹波へ行きます。
2014.04.17 / Top↑
最終日、午前中で回れるところは?と尋ねて勧められたのがここ、
新生公園にある林安泰古家(Historical House and Museum)。

s-IMG_1447.jpg

こじんまりとしていながら、伝統建築と庭が楽しめた。

s-IMG_1448.jpg

時間があったので植物園へ入った。

s-IMG_1463.jpg

2010年に開催された花博の跡地のようだ。

s-IMG_1459.jpg

ついでに未来館に入った。IT利用の参加型プログラム・・
映像は楽しめたが、ちょっとついていけないものもあった。(≧∇≦)

s-IMG_1472.jpg

飛行機で関空へ
無事着いた大阪は、寒い、寒い!!

s-IMG_1477.jpg

家族とゆっくり過ごせた旅だったと同時に、
親日的で、食べ物が美味しい台湾の魅力を発見する旅でもありました。

元気であれば、きっとまた行くことでしょう。
2014.04.17 / Top↑