FC2ブログ
朝は、氷点下近くまで下がったようだが、日の出とともに気温がぐんぐん上がり、15度!
アツイ、アツイ・・・と、フリースのアウター、ウールのミッダー、帽子、手袋・・・すべて脱ぎ、Tシャツ1枚で登っていきます。

急な斜面の登りで、相棒にパチリとやってもらった。


急な斜面を登りきって、しばらく進むと、一面のブナ林・・・
中程度のブナが、青空と白雪の中に、幾何学的に並んでいる風景は、いつ見ても美しく、感動する。


木陰をパチリとやってみた。
影の部分をよく見ると、剥がれた氷と分かる。
早朝までついていたエビノシッポ(霧氷)が落ちたのだ。


ブナ林を過ぎると、緩やかな雪面の上に杉林が見えてくる。
有名な”千本杉”だろう。
この風景も、哲学的な雰囲気を持っていて、僕は好きだ。


杉の葉に残っているエビノシッポ



... 続きを読む
2008.03.25 / Top↑
但馬・因幡国境の氷ノ山(1509m)に出かけた。
このところ、週末ごとに雨が降り、1ヶ月ぶりの山行だ。

この2~3年、氷ノ山へは鳥取県若桜町から登ったが、
久々に兵庫県側の関宮から登ることにした。

朝5時、千里出発。舞鶴自動車道~北近畿豊岡道を
利用したので、2時間強でスキー場へ到着。


身支度ののち、朝8時・・
リフトに乗って、登山口をめざします。

空は雲ひとつない快晴!
左手の尾根に取り付き、右(西)へと尾根を進みます。



いつもとは違う、沢筋のトレースを辿っていくと、
東尾根避難小屋の西の尾根に着いた。

ブナに囲まれた尾根筋は、日当たりがよいので、
雪がところどころ融けている。



尾根をしばらく進むと、急斜面が待っている。
ここから見上げる景色は、いつも素晴らしい!!
あっ、ジェット雲だ。


ふり返ると、登ってきた尾根と、
はるか向こうに、但馬・丹波の山々が見える。

あの尖った山は、何山かな??


... 続きを読む
2008.03.23 / Top↑
扇ノ山に行ったついでに、
「日本の滝100選」に選ばれた2つの滝を見物した。

最初は、鳥取市にある「雨滝」
落差40mの鳥取県随一の滝のようだ。

桂の大木の向こうに、雨滝が見えてきました。


近づくと、大きな音を立てて、水が一気に落ちている。
とても男性的な滝だ。



2つめは「猿尾滝」

兵庫県但馬の旧村岡町にある、落差60mの滝
猿の尻尾に似ていることから、名前が付いたそうだ。



「水の中に仏様がいらっしゃるから・・・」
親切なボランティアガイドの男性から言われた。

上段の滝に近づくと、たしかに仏様がいらっしゃいます。
そう思ってみると、ほかにも弟子たちがいっぱい(笑)

パンフレットを見ると、観音様、マリア様、猿・・・
いろいろに見えるそうだ。

どうです、仏様が見えました??(拡大して見てください!)
見えたら、きっと極楽行きです(笑)



... 続きを読む
2007.05.23 / Top↑
さあ、下山です。

ブナの原生林の中、
ビニル袋を持って歩く、4人の山菜採りパーティー(笑)


12時下山

ぬかるみでドロドロになった雨具や靴を洗い、
しばらく下った上山高原で昼食です。

いつものにぎり、味噌汁に加え、へへへ、天麩羅つき!


天気は、徐々に回復している。

白い帯状は・・・どうやら波打ち際??
日本海が見えています。


温泉町方面へ向かう車からは
フジ、そしてタニウツギが満開だ。


夢千代日記で有名になった旧温泉町を過ぎ、
旧村岡町の道の駅で買い物・・・

時間があるので、猿尾滝を見物、ハチ北高原を一周、
和田山から播但道へ・・・朝来町の道の駅でも買い物

扇ノ山登山というより、山菜採りとドライブの一日!
まあ、こんな休日があってもいいかな?(爆)

070520


... 続きを読む
2007.05.22 / Top↑
しばらく歩くと、サンカヨウ(山荷葉)の群落

サンカヨウの大きな葉っぱから、可愛い白い花
よく見ると、花は葉からではなく、下の茎から出ている。
葉には、花の成長を防がないように、切れ目・・・
その証拠に、花の咲かない茎の葉は、まん丸!
うーん、自然の力、恐るべし・・・(笑)





こちらは、エンレイソウ

葉っぱの真ん中から花が伸びる、不思議な花だ。
花は終わり、種ができていた。



途中の展望台にある、
鳥取市、日本海方面の眺望を描いた案内板。

晴れていれば、こんな眺望が楽しめるのだ(涙)。


10時半、扇ノ山の頂上に到着
山菜を採ってきたから、30分近く遅くなった(笑)。

頂上には、避難小屋
しっかりデザインされた、きれいな小屋だ。


頂上付近には、ネマガリタケの竹藪が広がる。

竹藪に入ると、立派な筍があちこちに・・・
へへへ、またまた山菜採りパーティーに変身!!

あとで聞くと、地元ではスズコと呼ばれているようだ。



... 続きを読む
2007.05.22 / Top↑