FC2ブログ
2013年1月2日、相棒と一緒に比良山系・武奈ケ岳(滋賀県 1214m)に遊んだ。

暮れの31日に稲村ケ岳に登ったから、3日のうち2日が山・・
こつぁー春から縁起がいい!(笑)

登山口の坊村から少し登ったところで雪が現れた。
木々の株の回りはすっかり溶けて、まるで春山だ。

s-DSCN9010.jpg

2時間強で御殿山に到着
武奈ケ岳に続く稜線は、ところどころ地肌が見えている。
それでも、緩やかにしなりながら伸びる西南陵は、いつ見ても絵になっている。

s-DSCN9014.jpg

1時間弱で武奈ケ岳到着

s-DSCN9018_20130105204047.jpg

風を避けて南斜面に腰を下ろし、昼食です。
おにぎり3つ、吉野の古市で買った胡麻豆腐、たくわん・・へへへ、ご馳走(笑)

s-DSCN9020_20130105204042.jpg

そのまま一気に坊村へ下山
登山口にある葛川明王院を覗いてみた。
長年行われていた修理は、2年前に終わったようだ。

葛川明王院は、平安時代に相応和尚が開いた天台回峯行の重要な道場だ。
本堂、庫裏・護摩堂、宝物蔵などの建物、仏像の多くが重要文化財に指定されている。
いつも何気なく通過しているが、ちょっと調べてみよう。

s-DSCN9021_20130105204718.jpg

京都東ICは、東京方面へ向かうUターン客のために大混雑だったが、
日の高いうちに大阪に到着!

さて、今年はどれだけ山に登れるのだろう!
精密検査中の不良中年の身体がGOODであることが条件だが・・

2013.01.05 / Top↑
日曜日、3週間ぶりに比良山系・武奈ケ岳(1097m)に遊んだ。

「今日はどうする?」
「大峰山系の大普賢岳?、それともいっそ氷ノ山?」
「大普賢岳は雪が深くて無理かな?、氷ノ山は3月にとっておくとして・・」
「じゃあ、比良にしよう」

朝7時半、大津市坊村の明王院の横を登っていきます。
今年は雪が多いが、数日前の雨と暖かさで、かなり溶けている。
気温は2度・・3週間前のマイナス3度と大違いだ。

s-DSCN3139.jpg

溶けた雪が凍っているので、すぐにアイゼンを付けた。
アイゼンを効かせながら、快調に登っていきます。

途中、汗をかいて、ふたりともアウターを脱いだ。
御殿山の手前、急斜面のブナ林がきれいだナー・・・

s-DSCN3145.jpg

いたるところに、大きな雪庇(せっぴ)ができている。

s-DSCN3149.jpg

2時間半で御殿山到着・・
今日の武奈ケ岳は、青空の中にくっきりとそびえている。
西南稜の白い雪面とブナ林のコントラストがきれいだナー・・・

今日は、なんとしても武奈ケ岳のピークを踏まなくっちゃ!

s-DSCN3155.jpg

だだっ広い斜面をゆっくり登っていきます。

s-DSCN3173.jpg

10時半、御殿山から40分で武奈ケ岳に到着!

「おーっ、加賀の白山が見えるよ・・」
その右手に白いのは、近江と越前の国境の山・・・金糞岳(かなくそだけ)
琵琶湖には、竹生島も見えます。

s-DSCN3181.jpg

眺望を楽しんだら、登って来たルートを下山です。
緩やかにうねりながら、伏せているような西南稜・・比良の中で一番美しい景色だな。

s-DSCN3193.jpg

昼食は、日だまりの中で、いつものように、おにぎり3つ・・今日は断熱容器に入れてきた。
食べ終わると、一気に坊村まで下り、湖西から名神を通って、3時には千里へ

年を明けてから、2週間に1回のペースで山に入っている。
この分だと、今年は、いろんな山に行けるかな? へへへ

s-DSCN3200.jpg
2011.02.22 / Top↑
日曜日、山の相棒と比良山系・御殿山(1097m、大津市北部)に遊んだ。

今年の冬は、平成の大雪(2006年)以来の積雪を記録している。
久しぶりに時間がとれた相棒の誘いにOK!と答えたものの、日本海側は大雪警報だ。

「猛吹雪の中、ラッセルを強いられるんじゃないかなー・・」
「雪は多いかもしれんが、午前中は晴れやぞ・・」
「じゃあ、行こうか・・」

朝5時過ぎ千里出発、7時過ぎに西の登山口・坊村に到着、身支度ののち7時半に出発。
気温はマイナス3度・・寒いので、アウターの上に雨具を着た。
天台回峰行の道場・明王院、地主神社、坊村の家々も、すっぽりと雪をかぶっている。

s-DSCN2868.jpg

最初は針葉樹林帯、しばらく登るとモミの木が混じる雑木林になる。
麓の積雪は60cm程度、ワカンが必要かなと思ったが、トレースはついている。
しばらく冬靴のまま登ったが、すぐにアイゼンをつけた。

s-DSCN2873.jpg

1時間以上登ったところは、風の通り道・・・小さな雪庇ができていた。
気温はマイナス8.3度・・・カメラのシャッターを押すたびに、寒さが堪える。

s-DSCN2879.jpg

しばらく登ると、霧氷が見られるようになった。
ただし、寒すぎるためか、わずかに氷着しているだけだ。
このあたりの積雪は2mぐらいあるか。

s-DSCN2881.jpg

11時、御殿山に到着。当初目標の武奈ヶ岳は、真っ白な雪の中・・・
途中抜かれた2~3のパーティがめざしているようだが、きっと半ラッセルだろう。
天気予報どおり、雪も降ってきた。
「どうする?」
「今年最初の山やし、今日は足ならしにして、下りる?」
「そうしようか・・・」
そう決めると、もと来た道をどんどん下っていった。
途中出会った3~4のパーティは、きっと
「もうこんな時間に下山? 俊足だな・・」と思ったに違いない(笑)。

s-DSCN2883.jpg

登山口まで下りると、明王谷のせせらぎは、陽を浴びて春の訪れを告げているようだった。
名神をひた走り、桂川SAであったかいうどんをいただき、2時半には千里に到着!

今年は、また、相棒と一緒にいろんな山に登りたいな・・、登れるかな?、いや登るぞ!(笑)

s-DSCN2892.jpg
2011.01.31 / Top↑
己高山は、紅葉が始まったところだった。
もう1週間もすれば、六地蔵は赤・黄色の紅葉に埋もれるだろう。
そんな己高山と麓の古橋で見つけた花・・

マンリョウ・・・ではないですよね。

s-DSCN1918.jpg

コウヤボウキのようです。

s-DSCN1919.jpg

この時期に見るサクラもいいですね。

s-DSCN1927.jpg

古橋は、古くから茶の産地としても有名なようだ。

s-DSCN1933.jpg

サザンカが咲けば、もうすぐ冬・・・
このあたりは、深い雪に覆われるのだろうか?

s-DSCN1942.jpg

突然ですが、明日から3日間、青森へ出かけます。
一応、仕事です(笑)。

2010.11.10 / Top↑
先週末、高校時代の同級生6人で、滋賀県北部の己高山(こたかみやま 923m)に遊んだ。
この山のことは知らなかったが、振り返ると、歴史あり、眺望ありのいい山だった。
ただし、またしてもトラブルがあったのですね(笑)。

木ノ本駅からタクシーで登山口へ・・
二股に分かれた道の右をどんどん登っていった。
半年ぶりだから、ワイワイ、ガヤガヤ・・みんな元気だ。

沢沿いに30分ぐらい登ったところで、どうも道がおかしい。
人が踏んだ形跡がないのだ。
いろいろ考えて、もしかして・・・と思ったことが現実だった。

登山口の標識に、左にカーブした矢印があるのに気づいていたが、
タクシーが通せんぼをしていたので、右に道をとってしまったのだ。

s-DSCN1900.jpg

どこかで合流してるかもと、進んでいったが、道が急斜面でとまっている。
それで、登山口まで引き返した。

「たしかに、矢印はあるけど、これじゃー間違えるわ・・・」
「タクシーの運転手も道を知らなかったね・・・」
「間違えたことは忘れて、これからはじめて登る気持ちで・・・」

いろいろ言いながら、午前11時、2時間遅い再出発です。

s-DSCN1901.jpg

1時間近く登ったところに、六地蔵があった。
むかし女の子、むかし男の子6人で記念撮影です。
※えーい、美人揃いだから・・・ぼかしなしで、そのままアップ!!(笑)

s-DSCN1906.jpg

岩が道沿いにある「牛止め・馬止め」までくると、琵琶湖方面の眺望が開ける。
「今日はここまで・・」
リーダーの声で、楽しい昼食タイムです。

前夜遅かった不良中年は簡単な弁当・・・
でも、熟女たちの手づくり料理で、へへへ、おなか一杯です。

s-DSCN1916.jpg

そのあと、落ち着いたたたずまいの古橋の村へ下山。
「昨日、熊が出たので、注意してください」
村人の声にびびりながら、かつての隆盛を偲ばせる鶏足寺(旧飯福寺)を訪ねた。

大阪へ帰り、反省会・・・
「数年前の遭難寸前の経験が、今回も活かされなかったね」
そんな声も聞こえるけど、来年の春、また行きましょう(笑)。

s-DSCN1943.jpg


2010.11.10 / Top↑