FC2ブログ
モミジカラマツ

s-DSCN4668.jpg

木イチゴ・・お名前は?

s-DSCN4670.jpg

カライトソウ

s-DSCN4672.jpg

トリカブト

s-DSCN4673.jpg

シモツケソウ

s-DSCN4683.jpg

ワレモコウ・・・こんなブログ友達がいましたね(笑)

s-DSCN4724.jpg


2011.08.18 / Top↑
お盆の休みを利用して、今年2回目の北アルプスに遊んだ。
コースは、剣岳の南西に位置する奥大日岳~大日岳
日本300名山踏破をめざしている相棒のコース設定です。

夜8時、千里を出発! 
北陸道をひた走り、富山地方鉄道の終点、立山駅に夜中2時に到着。
2~3時間仮眠して、6時50分のケーブルで美女平へ
バスに乗り換え、8時に室堂到着

さすがにお盆とあって、人が多い。
昨年の7月20日すぎ、室堂~五色平~薬師岳~黒部五郎岳~双六岳~新穂高温泉と歩いた。
そのころから3週間も遅いと、さすがに残雪は少ない。

s-DSCN4639.jpg

有名なミクリガ池
立山三山を映して、神秘的です。

s-DSCN4642.jpg

地獄谷へ降りていきます。
硫黄の臭いがぷんぷん・・・

s-DSCN4644.jpg

雷鳥沢のテント場
こちらは剣沢などと違って、ファミリー組が多いようです。

s-DSCN4649.jpg

剣岳方面への登山客と別れ、大日岳方面へルートをとります。
しばらく登ると、室堂、地獄谷が眼下に見下ろせる。

s-DSCN4653.jpg

尾根に向かって、登っていきます。
大日岳周辺は、立山連峰の中で自然が豊かなエリア・・・
パンフレットに書いてるとおり、草原やお花畑の広がる風景が続きます。

それにしても・・・相棒は、今日は快調!
それに比べ、不良中年は、なかなか足があがらない。
睡眠不足? それとも体力の衰え?
やっぱり、少しはトレーニングが必要かな?(笑)

s-DSCN4654.jpg
2011.08.17 / Top↑
天狗平付近?の称名廊下(火山の噴火でつもった大地が浸食されてできた高低差約100mの渓谷)と立山黒部アルペンルート、ホテルが見えてきた。

s-DSCN4659.jpg

尾根にでると、雪が残っていた。
右手正面に剣岳の勇姿・・・と思っていたが、残念!
まだ9時台だというのに、ガスが出てきて、見えない。
今年の夏は、やっぱり天気がおかしい。

s-DSCN4667.jpg

奥大日岳をめざして、長い尾根道が続きます。

s-DSCN4669.jpg

昼前、奥大日岳に到着。
うーん、まわりは・・・真っ白(笑)。
ここで、昼食にしました。
不良中年は、あまりの空腹に、早めの昼食をしっかりすませていたのですが・・(笑)

s-DSCN4671.jpg

大日岳をめざします。
登山道の横の小さな池で、おばあちゃんと孫の女の子が休憩中。
こんな山行もいいな・・・

s-DSCN4674.jpg

2時間弱で大日岳に到着。
うーん、ここも真っ白(笑)
ここでは、ちがうおばあちゃんと孫のカップルに会いました。

s-DSCN4690.jpg

約10分で、大日小屋に引き返し、宿泊手続き・・
ちなみに、最近は2食付きで9000円です。
これを高いと思うか、安いと思うかは、勝手です。

時間があるので、わずかの水を使って体を拭いたあと、
小屋の前の広場でコーヒーを沸かしていただきました。

s-DSCN4693.jpg

5時にお待ちかねの夕食・・・
塩鮭のムニエル風、春雨のサラダ、キュウリの中華風和え物、みそ汁・・・
感謝していただきました。

s-DSCN4694.jpg


この小屋は、「ランプとギターの宿」として有名なようだ。
小屋の主の杉○さんは、富山市内でギター工房を構えている。
工房のHPはこちら
その弟子たちは、山小屋に入ることを条件に入門を許されている。

小屋で働いていた4人のうち、神戸出身の若者がそんな話しとともに、
押尾コータローなどのアコースティックの曲を6~7、演奏してくれた。
ランプだけの暗い部屋の中、力強いギターの音が流れる、不思議な時間が過ぎていきました。
そして、9時には消灯・・・

※このときの記事がブログにアップされている。
 うー・・不良中年も写っているぞ!
2011.08.16 / Top↑
翌日、霧が晴れると、剣岳がくっきりとシルエットを見せてくれた。
右は奥大日岳、遠く白馬岳も見えます。

s-DSCN4710.jpg

昨日登った大日岳です。

s-DSCN4702.jpg

6時、大日小屋に別れを告げて、下山です。

s-DSCN4711.jpg

しばらく下ると、昨年歩いた越中沢岳~薬師岳へと伸びる稜線、
その左手奥に黒部五郎岳、三俣蓮華岳も見えます。

s-DSCN4715.jpg

大日平に降りてきた。
大日平山荘で小休止の後、牛首まで草原をのーんびり歩きます。

s-DSCN4719.jpg

振り返ると、正面に大日岳、右に中大日岳、その鞍部に大日小屋が見えた。
牛首からは、急な坂を称名滝近くの登山口まで一気に下った。

s-DSCN4727.jpg

せっかくだからと称名滝まで足をのばし、落差日本一を実感!!

s-DSCN4732.jpg

その後、立山町の吉峰温泉で汗を流し、まだ明るい北陸道を千里へと走った。

不良中年は、8月の後半は、きっと仕事漬けの毎日・・・
山ではケンカばかりだったけど、思い出深い相棒との二人三脚の夏休みが終わりました。

2011.08.15 / Top↑
烏帽子岳~蓮華岳縦走の途中で見た高山植物をご紹介しましょう。
高山植物の女王・・・コマクサ
縦走路沿いの砂地、レキ地のあちこちで見られました。
露をうけて、みずみずしいですね。

s-DSCN4320.jpg

アオノツガザクラ?

s-DSCN4341.jpg

イブキジャコウソウ?

s-DSCN4376.jpg

烏帽子小屋の前に咲いていたキキョウとコマクサ
少し上を向いているから、イワギキョウ?

s-DSCN4298.jpg


2011.08.10 / Top↑